沖一峨 天狗お多福図

https://dokurakuka.com

『御用絵師』

近年の研究により多くの制作状況を知ることが出来るようになった絵師達。

その多忙さはさることながら、需要に応えるため多くの画題を描き続けなければならなかった。

掲出の画題もその一つであろう、一峨の作品としてはあまり見る画題では無いことからも、多くの需要に応えていた事がわかる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です