人間一生五十三次図

https://dokurakuka.com
https://dokurakuka.com

『人の生きる道』

生まれた時から元服である十五歳までは一本の道であるが、そこから人生は様々な欲の中を進まなければならない。正道を進むことが一生を長く楽しむことであると説くが、果たしてどれだけの人がその道を進めるのだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です