三浦樗良 鹿図

https://dokurakuka.com

『夏』

みじか夜や 箒にかかる 奈良の鹿

柳鳥八重女 太夫立姿図

https://dokurakuka.com
https://dokurakuka.com

『閨秀画家』

浮世絵の需要増加と共に、閨秀画家達の活躍も顕著になったが、作品だけでなく、詳細が語られる絵師は少ない。

岸連山 百華図

https://dokurakuka.com
https://dokurakuka.com

『百』

百とは、実数だけ出なく、多いという広義も含まれることから、古くから吉祥画題の一つとして使われる。

円山応立 蚕ノ社図

https://dokurakuka.com
https://dokurakuka.com

『三柱鳥居』

京都三珍鳥居の一つであり、全国的にも珍しい鳥居であることから、経緯に関して諸説言われるものの、はっきりとした事はわかっていない。

矢野夜潮 納涼図

https://dokurakuka.com

『川?湖?』

画面下には漁師、中央では水辺の建物で燥ぐ人々を描き、納涼図として構成される。しかし、四条河原のような特徴がなく、場所が特定できない。この水辺は果たして川なのか、それとも湖のような場所なのか...?

人間一生五十三次図

https://dokurakuka.com
https://dokurakuka.com

『人の生きる道』

生まれた時から元服である十五歳までは一本の道であるが、そこから人生は様々な欲の中を進まなければならない。正道を進むことが一生を長く楽しむことであると説くが、果たしてどれだけの人がその道を進めるのだろうか。

村田香谷 日本武尊図

https://dokurakuka

『草薙剣』

日本武尊が東国征伐に向かい、相模の国で国造の計略に嵌る。野原に誘い出され周囲から火を放たれ、その場から逃げるため草を薙ぎ払った事からその名が付いたと言われる。

高尾太夫図

https://dokurakuka.com

『様々な高尾』

高尾太夫は吉原の名姑が代々襲名した名であり、特に有名な万治高尾を筆頭に水谷高尾、浅野高尾、紺屋高尾、榊原高尾等がおり、逸話等を秘めた女性達である。

足立蘆月 人物図

https://dokurakuka.com
https://dokurakuka.com

『肖像画』

当時、肖像画が描かれる人物は一定の地位を有する者や、本人との交流を示す人物に限定される。肖像として残る作品は、様々な情報が確認できる事から資料としての側面もある。

二熊一笑 節句図

https://dokurakuka

『五節句』

人日、上巳、端午、七夕、重陽の五節句を描くが、節句を表す特徴的な物ではなく、一場面を描いていることから、当時の様子を垣間見ることができる。